Overblog Suivre ce blog
Editer l'article Administration Créer mon blog
30 décembre 2009 3 30 /12 /décembre /2009 02:33





http://3.bp.blogspot.com/_4oNY_xa8uqw/SEleofaGxcI/AAAAAAAAAcc/wVTYs60oQRE/s320/51EKPZK4BBL__SS500_.jpg








http://tbn0.google.com/images?q=tbn:xuYYP2ndxLJytM:http://maitre-eolas.fr/images/800px-Flag_of_France.svg.png http://www.dynamictic.info/wp-content/uploads/2007/12/anglais.gif http://1.bp.blogspot.com/_BFUFKT3kw5Q/ScQPNMvelBI/AAAAAAAAAA8/XK51WHmLbIo/s400/drapeau_japon.jpg




http://3.bp.blogspot.com/_4oNY_xa8uqw/SFJQvKEadOI/AAAAAAAAAzY/0Ob1jptuTik/S760/carobbq.jpg



le groupe de salsa; Orquestre de la lumière!

La salsa, c'est du cubain, du pur, de l'autentique... comme les cigares, ça fait partie de leur culture

Mais voilà, les japonais sont passés par là, et de quelle manière formidable...

Ils se sont appropriés la salsa... comme le reste.

Un pur bonheur pour ceux qui aiment la musique cubaine!

A tel point que même les cubains recconnaissent ce groupe comme un des meilleurs groupe de salsa... faut le faire quand la culture du japon est aux antipodes de celle des cubains.

Ils chantent sans accent qui plus est!...



Mais comme disent les japonais:
サルサに国境はない
(la salsa n'a pas de frontières)








Orquesta de la Luz (orchestre de la lumière) est un groupe de salsa japonais, que Sergio George a produit, qui a interprété aussi des morceaux plus jazzy et des ballades, avant de se séparer en 1995, la chanteuse (Nora), souhaitant revenir à la salsa, s'étant lancée dans une carrière solo. Le groupe s'est reformé ensuite, sans sa chanteuse (ils ont cependant joué tous ensemble pour le festival Tempo Latino en 2005).

Ces japonais ont découvert la salsa lors d'un concert de Tito Puente au Japon. Bien plus tard, Tito Puente jouera des timbales pour leur morceau Descarga de la Luz.




---oooOOO§§§OOOooo---

http://www.dynamictic.info/wp-content/uploads/2007/12/anglais.gif


Orquesta de la Luz (オルケスタ・デ・ラ・ルス) ("Orchestra of the Light") is a Japanese salsa band that began performing and recording in 1990. The band sings in Spanish, and is led by vocalist Nora, who returned to traditional salsa after the band broke up in the mid-1990s. It became widely famous in Latin America, particularly in Puerto Rico, Panama, Mexico, Perú and other Caribbean area countries.
While many fans in the United States and Europe are becoming familiar with the ever growing popularity of salsa music, it might come to a surprise to many that the Far East was one of the first regions of the world to embrace this musical style's sensational rhythms. In this case, La Orquestra de la Luz hails from Japan, and I must say that they are truly gifted in every sense.

Lead singer Nora, who learned Spanish phonetically (she doesn't know what she is singing about) sings in the language of the conquistadors with perfect native fluency. Without the slightest trace of an accent, Nora sings her heart off with an impress ional voice and talent that many Latin Explosion artists can't even reproduce. Touring the world over, and having fans throughout the globe, Nora and her band capture the true essence of salsa.

The songs on this album are all spectacular, and if you thought that salsa was a regionalized musical style you are wrong. Nora and her band have inspired a wave of salsa band booms throughout the world, with the most notable bands hailing from such diverse countries as Finland, Italy, the Congo, and Israel.

La Orquestra de la Luz deserves honor, respect, and a special place in the salsa hall of fame for daring to do something different in a country where traditions and customs remain unchanged. If you want to hear a voice that will surprise you in every way, then purchase this album and listen to the wonderful rhythms of Nora and her band.













---oooOOO§§§OOOooo---




























---oooOOO§§§OOOooo---




FESTIVAL COULEURS LATINES
par jsalsero




 

Orquesta de la Luz - 91 ko
Orquesta de la Luz
Photo : Dejavu - 

 



13 ans ? C'était il y a 13 ans, la dernière fois qu'ils sont passés, à Aquaboulevard ?

Les revoilà, et on les attendait avec une immense impatience.

Ils apparaissent enfin, dans leurs belles tenues de scènes, jolies chemises branchées, pantalons moirés, pompes luisantes, et une Nora d'abord en rouge, puis en robe brodée de roses.

Et dès le début, un professionnalisme sans faille, une précision rythmique à tous les pupitres, et la personnalité extravertie de leur chanteuse vedette qui emporte l'adhésion du public très rapidement.

Si le passé glorieux de l'orchestre n'est pas remisé aux oubliettes (un petit medley des anciens tubes viendra rafraîchir les mémoires et combler certaines attentes), l'Orchestre de la Lumière du Soleil Levant est définitivement tourné vers l'avenir, défendant les titres de son nouvel album (sur lequel un distributeur français ferait bien de se pencher).



Photo : Dejavu - 

 

 

Quelques très bons passages d'improvisation, aussi bien individuelle que collective, avec une section cuivres (3 trompettes - 2 trombones, les grands moyens !) ultra réglée, des arrangements avec des chœurs bien trouvés et des petits breaks compliqués (les chœurs, la rythmique et les cuivres n'y jouent pas la même chose, ce qui renforce leur efficacité et les rends joliment surprenants) et quelques chorégraphies sympathiques (quoique encore un peu hésitantes) feront de ce concert une véritables réussite.

Mais les plus grosses surprises résident dans les quelques passages funky et le superbe boogaloo qui vient ouvrir le second set. Et, cerise sur le gâteau, un morceau entièrement en japonais, qui fonctionne vraiment très très bien, ouverture vers le public nippon, et découverte pour les autres : les sonorités du japonais s'intègrent parfaitement à la salsa.

[...]

 



Photo : Dejavu - 

 

 




Très impliquée dans son interprétation, Nora est vraiment le catalyseur de cette formation, à genoux pour les déclarations d'amour, sautant partout pour les passages les plus pêchus, vocalement très en forme, avec un ambitus remarquable (l'écart entre sa note la plus grave et sa note la plus aigüe), lui permettant de nombreux effets.

On attend avec une certaine impatience l'album « Arco Iris » (avis aux professionnels du disque) !




---oooOOO§§§OOOooo---



Les membres du groupe

Cliquez sur la photo

写真をクリックしてください


http://laluz.jp/biography/img/img_bio_01.jpg


Membres 

  • Nora, chant
  • Gen Ogimi, percussions (deux premiers albums);
  • Carlos Kanno, percussion;
  • Genichi Egawa, timbales (deux premiers albums);
  • Gen Date, congas (trois premiers albums);
  • Hiroshi Sawada, basse (quatre premiers albums, remplacé par Hiroyasu Ito);
  • Satoru Shoinoya, piano, claviers;
  • Shiro Sasaki, trompette;
  • Tatsuya Shimogami, trompette(premier album, remplacé par Shigeru Terauchi);
  • Yoshihito Fukumoto, trompette;
  • Hideaki Nakaji, trombone;
  • Taisei Aoki, trombone.
  • Sergio George : producteur/arrangeur et claviers à l'occasion


---oooOOO§§§OOOooo---



http://1.bp.blogspot.com/_BFUFKT3kw5Q/ScQPNMvelBI/AAAAAAAAAA8/XK51WHmLbIo/s400/drapeau_japon.jpg




1984年秋、日本人サルサ・バンドとして結成。

1989年ニューヨークでおこなったライブツアーが大成功を収めた後、1990年にCDデビュー。日米で発売されたデビュー・アルバム「デ・ラ・ルス」はビルボード誌ラテン・チャートで11週連続1位獲得する快挙を成し遂げる。

以降、世界22カ国でのツアー、計6枚のオリジナル・アルバムの発表、日本レコード大賞特別賞、国連平和賞受賞、NHK「紅白歌合戦」出演、グラミー賞ノミネートなど輝かしい活動を展開するが1997年にグループを解散。

しかし2002年、2001年9月に起きた米国テロ事件のチャリティコンサートを機に活動を再開。

再開後、アルバム4枚をリリースし、各地のフェスティバルや海外などでも出演。2006年には東京で定期的なイベント「DOMINGO」をプロデュースするなど、さらに幅広いファンを獲得している。

また、結成25周年にあたる今年は、各地でライブを行ったり、7月にコラボレーションアルバム、9月にはニューアルバムの発売予定など、精力的な活動を行っている。




1984年

秋 バンド結成。原宿にて初ライブ。都内のライブ・ハウスを中心に定期的にライブ活動を行う。

1986年

後にNY行きのきっかけとなるデモ・テープを制作。

1988年

NORAがデモ・テープをNYのエージェント(リッチー・ボニージャ)に持ち込み、NYでのライブのきっかけをつかむ。

1989年

8月 メンバーの自費による初のNYツアー。現地の人々に大絶賛され、CDデビューの契約へ。

1990年

6月21日 BMGビクター(現BMGファンハウス)より1stアルバム「デ・ラ・ルス」でデビュー。

8月 同アルバムをRMMより全米発売。ゴールド・ディスクを獲得。

9月 全米ツアー(NY,ボストン、マイアミ、プエルトリコなど18公演)を行い、9月11日付の「NYタイムス」紙で絶賛され、センセーションを巻き起こす。

10月 中南米でデビュー・アルバム発売。

11月 全米ビルボード誌ラテンチャートで首位を獲得。以後11週連続キープ。


1991年

2月 スペインでデビュー・アルバム発売。

3月 NY批評家協会賞(ACE AWARDS)で「BEST ALBUM OF THE YEAR」を受賞。

4月 中南米ツアー(ベネズエラ、マルティニーク、フレンチ・ギアナ、パナマ、アルーバ、キュラソーなど)全14公演。8万3000人動員。

6月21日 2ndアルバム「サルサに国境はない」国内発売。

8月 ワールド・ツアー(アメリカ、スペイン、メキシコなど全21公演。8万1700人動員。

8月27日 2ndアルバム全米発売。ゴールド・ディスク獲得。

12月 第33回日本レコード大賞特別賞受賞。

1992年

2月~ ワールド・ツアー(アメリカ、マルチニーク、グアデループ、スペイン、3月 セント・マーチン、キュラソーなど)全20公演。18万5000人動員。

3月 NY批評家協会賞(ACE AWARDS)で「BEST ALBUM OF THE YEAR」、「BEST BAND OF THE YEAR」を受賞。

6月 日比谷野音、大阪城野音で、デラルス主宰するサルサ・フェスティバルを開催。

7月 ヨーロッパ・ツアー(フランス、オランダ、スペインなど)。スペインではセビリア万博ジャパン・デーに日本代表として出演。

7月22日 3rdアルバム「ディフェレンテス」国内発売。

8月25日 同アルバム全米発売。

9~11月 ワールド・ツアー(アメリカ、コロンビア、チリ、メキシコ、コスタリカ、日本など)全34公演。


1993年

2月 NBC全米TVネットワーク「ジェイ・レノ・ショー」に出演。

6月 ヨーロッパ・ツアー(フランス、オランダ、イタリア、スペイン、イギリスなど)全5公演。

7月 海外ディストリビューションをRMMからBMGインターナショナルに移行。

9月1日 初ベスト・アルバム「ラ・イストリア・デ・ラ・ルス」を、全世界37カ国で発売。

9月10日 国連平和賞受賞。「NYデラルスの日制定」認定書をNY市長から授与。

9~10月 ワールド・ツアー(アメリカ、ペルー、プエルト・リコ、コロンビアなど)全14公演。6万4100人動員。

11月 ジャパン・ツアー(東京厚生年金など)全13公演。

11月5日 クリントン大統領(当時)から感謝状を授与。

11月21日 4thアルバム「ラ・アベントゥーラ」全世界発売。

12月31日 第44回NHK「紅白歌合戦」に出演。第35回レコード大賞特別賞受賞。

1994年

2月~ アメリカ・ツアー(アメリカ、プエルト・リコ、キュラソーなど)全8公演。4万2250人動員。

4月 日本武道館のアースデー・コンサートでサンタナと共演。

8~9月 アメリカ・ツアー(アメリカ、メキシコ、プエルト・リコ、NYなど)サンフランシスコでサンタナのコンサートのオープニング・アクトを務める。

11月2日 クリスマス・アルバム「フェリス・クリスマス」発売。

1995年

2月 グラミー賞トロピカル・ラテン・アルバム部門にノミネートされる。

5月24日 5thアルバム「サボール・デ・ラ・ルス」発売。

9月 アメリカ・ツアー(NY、ヒューストン、ボストン、プエルト・リコ、メキシコなど)

1996年

3月 日系移民100周年ハワイ公演。

7月 グループの活動休止を決定。

1997年

7月 メンバーのソロ活動を重視し、グループの解散を決定。

7月14日 赤坂ブリッツにて解散コンサートを行う。

http://laluz.jp/biography/img/img_bio_06.jpg
2002年

10月21日 渋谷AXにて5年ぶりに集い、テロ被災者チャリティイベント「WORLD PEACE MUSIC FESTIVAL」を主宰。

2003年

11月9日 東京厚生年金会館「WORLD PEACE MUSIC FESTIVAL VOL.2」を開催。

9月 9月6日のコパカパーナでの他、NYにてライブツアーを行う。

2004年

1月21日 2003年NYでのデラルスに完全密着したドキュメンタリーDVD「SALSA FOR PEACE」発売。

7月22日 再結成第一弾アルバム「!BANZAAAY!」発売。

7~10月 「Mt. Fuji Jazz Festival」など全国の音楽イベントやフェスティバルに参加する。

9月 「!BANZAAAY!」発売記念ライブ!!を9月6日六本木ヴェルファーレ、9月24日心斎橋クラブクアトロで行う。

10月23日 昭和女子大学人見記念講堂にて「WORLD PEACE MUSIC FESTIVAL VOL.3」を開催。

12月31日 長崎ハウステンボスにて、カウントダウンライブ「COUNT DOWN SPECIAL LIVE 2004-2005■~FLY HIGH TO THE WORLD~」を行う。

2005年

6月24日 GENTA主催の音楽イベント「MUSIC CONVENTION in宮古島」に参加。

6~9月 「愛と薔薇のデスカルガツアー」と銘打ち、全国5都市7か所でライブハウスツアーを行う。

7月6日 アルバム「ARCO IRIS」発売。

7~8月 イタリア、フランスなどの海外や国内での音楽イベント・フェスティバルに参加。


2006年

2月~ デラルスがホストとなり西麻布「YELLOW」にて隔月イベントを行う。毎回多種多様のゲストを迎え、大盛況となる(2007年2月まで)。

3月25日 渋谷「club asia」で行われた「UNITED FUTURE ORGANIZATION presents,JAZZIN'」にゲストライブで参加。

6月 フレンチカリビアンツアー(4都市)を行う。

6~8月 全国の音楽イベント・フェスティバルに参加。

2007年

5月26日 GENTA主催の「美ぎ島ミュージックコンベンション・イン・宮古島」に参加。

6月20日 デラルスとNORAのソロワークスから人気のヒット曲を集めたサルサアルバム「LET'S SALSA!! - THE BEST SALSA DANCE COLLECTION - ALBUM」発売。

6~7月 「LET'S SALSA!!~THE BEST SALSA DANCE COLLECTION」発売記念スペシャルサルサパーティを全国3か所にて行う。

7~9月 「THE BEST OF SALSA」ツアー。全国4か所にて行う。

8~10月 8月8日、日韓共同企画の下関音楽祭「BIG WING MUSIC FESTIVAL」に参加。その他にも各地の音楽イベント・フェスティバルに参加。

12月31日 原宿クロコダイルのカウントダウンイベント「SALSA DE DANCIN' SPECIAL HOLA 2008!!」に参加。

2008年

5月23日 GENTA主催の「美ぎ島ミュージックコンベンション・イン・宮古島」に参加。

9月17日 カバー曲を中心にした3年ぶりのアルバム「!CALIENTE!」発売。

6~8月 大阪のビルボードなど各地の単発ライブの出演や、青森・北海道でのジャズフェスティバル、韓国での「2008アジアラテン文化フェスティバル&第6回韓国サルサコングレス」に参加。

9~10月 全国4都市5か所で「ニューアルバム・リリース・スペシャルパーティー「iCaliente!」Japan Tour」を行う。

2009年

4~5月 東京・大阪・福岡のビルボードにてライブツアーを行う。










 






 











Partager cet article

Repost 0

commentaires

Archives